びまん性汎細気管支炎DPBのHLA-B54の覚え方・ゴロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

びまん性汎細気管支炎(DPB: diffuse panbronchiolitis)は、細気管支のびまん性の慢性炎症のある疾患。

<DPBの要点>

  • 慢性副鼻腔炎の既往が80〜85%
  • 東アジアに多く日本ではHLA-B54陽性者が高頻度に見られる
  • 呼吸困難、持続性膿性痰
  • 閉塞性換気障害
  • 感染症対策が最も大切
  • マクロライド系(エリスロマイシンなど)の少量持続投与が有効

びまん性汎細気管支炎でHLA-B54 が陽性になる。その知識を覚え方・ゴロを紹介します。

びまん性汎細気管支炎は略称でDPB

DPB B54を足してDPB54

↓(その名も〜♪)

DPB54(出っ歯な弁護士!)

177538238-origin-1389709745

コメントによると明石家さんまは古畑任三郎シリーズで弁護士役で出演していたようです。画像検索したらすぐ出てきました。(若い)

私はその事実は知らなかったのですが、これで完全に覚えました。

「誰が出っ歯やねんッ!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-22-20-07

わお!

HLAーBのなんちゃら紛らわしくて敵わんわ〜

そんなときは、ゴロで覚えてもええねんで!

「「「でもホンマはあかんねんで!!!!」」」

というわけで閉店ガラガラ!

See You!

さんまのお笑い向上委員会をよろしく!

臨床実習の傍ら、Webサービスを運営している医学生。将来の夢は学校をつくること。琴線を記録するサービス kotonohaを製作しました。(俺、この戦争が終わったらスタートアップするんだ...)
BUMP OF CHICKEN が大好き
bot作りました→といえばbot
botは知識の整理に超有用です。twitter開く度に復習出来ます。
その他111回受験生オススメbot→こちら
Test
気に入っていただけたらシェアお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. クララ細胞 より:

    ちなみに僕は、

    『び』ま『ん』性汎細気『管』支炎、HLA-『54』⇒『敏感な腰』

    と覚えていましたね

    • Shunsuke Esaki より:

      なるほど。えろいですね。

      • D arker  T han B lack より:

        さらにどうでもいい話ですが、
        ベーチェット病、HLA-B51は、『ベットに来い』で覚えてました

        • Shunsuke Esaki より:

          名前変えすぎでしょ笑
          いえいえ情報提供ありがとうございます。
          記事にはシていませんが、私もベッドに来いで覚えています。
          「ばっちこーい」という覚え方もあるようです。強直性脊椎炎のB27は「繋(27)がる脊椎炎」で覚えています。∵脊椎はつながっているから

          HLAの関連でゴロで覚えているのはこの3つだけです。他に覚えておくべきものありますか?

  2. クララ細胞 より:

    最大級にどうでもいい話で恐縮ですが、
    『古畑任〇郎』で、明石家さんま が犯人の弁護士役を演じていたことを思い出しました。

    ドラマを見ていた人ならば、語呂の補強になる……かもしれません

    • Shunsuke Esaki より:

      ええ笑 そうなんですか笑
      適当に思いついたゴロだったので、びっくりです。さすがさんまちゃん
      奇跡的なゴロです笑

クララ細胞 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です