多臓器不全(MOF)とMODSの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MOFとMODSの違い

多臓器不全 MOF: multiple organ failure (読み:エムオーエフ)

多臓器不全症候群 MODS: multiple organ dysfunction syndrome

集中治療において特に重要視される病態で、生命の危機に直結する重篤な病態に違いはありません。では?どう違うのでしょうか?

それは、

MOFは不可逆性で、MODSは可逆性であるという点です。

従来,多臓器不全は重篤で死と直結する病態でしたが,救急医療が発達し、救命例では臓器機能は可逆的で正常に回復しうることから,この病態は多臓器の機能障害multiple organ dysfunction syndrome(MODS)と表現する方が適当であるとされ、明確に区別されるようになりました。

多臓器の機能不全から回復された患者さんに対して、「MOFになった」と言ってしまうと生きている臓器に対して「死んでいる」と評価しているので、困りますよね。しっかり区別して混同しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

虚血と梗塞の違いもわかっていますよね?

ここで、知識を整理していきましょう。”虚血と梗塞”も混同しやすい用語です。

虚血(ischemia)は、血流が足りず、組織の酸素需要に追いついていない状態。「酸素が足りないー!助けてー!」の状態ですね。一方、梗塞(infarction)は、虚血の結果、酸素や栄養が組織に十分に行き届かず酸欠に陥った組織が壊死してしまったものです。「返事がないただの屍のようだ」(チーン)ですね。

正しく、理解すると脳梗塞の捉え方が変わってきます。

臨床実習の傍ら、Webサービスを運営している医学生。将来の夢は学校をつくること。琴線を記録するサービス kotonohaを製作しました。(俺、この戦争が終わったらスタートアップするんだ...)
BUMP OF CHICKEN が大好き
bot作りました→といえばbot
botは知識の整理に超有用です。twitter開く度に復習出来ます。
その他111回受験生オススメbot→こちら
Test
気に入っていただけたらシェアお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です