肺サーファクタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

肺サーファクタントとは、肺胞上皮のⅡ型細胞から分泌される表面活性物質で、リン脂質(90%)、糖蛋白(10%)で構成されている。

肺サーファクタントは何をしている?

肺サーファクタントには肺胞の表面張力を低下させる作用があり、呼気終末の肺胞の虚脱を防止する役割がある。

肺胞サーファクタント↑で 表面張力 ↓
表面張力低下 = 肺胞が伸展しやすくなる

肺サーファクタントが不足して呼吸窮迫症候群を生じる

肺サーファクタントが不足する病態で有名なのは新生児呼吸逼迫症候群がある。

肺サーファクタントは妊娠20週頃から産生され始め、羊水中に出現するのは28週〜32週頃である。

不足時には人工肺サーファクタントを気管内に投与する。

臨床実習の傍ら、Webサービスを運営している医学生。将来の夢は学校をつくること。琴線を記録するサービス kotonohaを製作しました。(俺、この戦争が終わったらスタートアップするんだ...)
BUMP OF CHICKEN が大好き
bot作りました→といえばbot
botは知識の整理に超有用です。twitter開く度に復習出来ます。
その他111回受験生オススメbot→こちら
Test
気に入っていただけたらシェアお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です