食物依存性運動誘発アナフィラキシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

食物依存性運動誘発アナフィラキシーでは、特定の食品摂取後に運動することでアレルギー症状が引き起こされます。食後2時間以内に発症することが多く,食物摂取のみ,運動のみでは生じません。運動によりアレルゲンが急速に吸収されるため、本疾患が誘発されるといわれています。比較的稀なアレルギーで10代の男性に発症しやすく、治療は通常のⅠ型アレルギーによるアナフィラキシーと同じ。

(通常の食物アレルギーは食物摂取後15分〜30分でアレルギー症状を呈する)

えさきち
食物依存性運動誘発「アレルギー」と表記されることもありますが、アナフィラキシーとした方が緊急性を感じるので食物依存性運動誘発アナフィラキシーとこのページでは表記しています

喉頭浮腫を生ずると死亡することもあります。

【110A17】
わが国における食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因として頻度が高いのはどれか.2つ選べ





正答:a,c

原因食物は小麦製品と甲殻類が大部分(小麦6割、甲殻類3割)である。

<エピソード抜粋>

【106D36】

11歳の男児.呼吸困難のため搬入された.学校給食で食パンとシチューを食べた後,昼休みに校庭でサッカーをしていたときに皮膚瘙痒感と蕁麻疹とが出現した。喘鳴を聴取する。1ヶ月前にも同様のエピソードがあったという。

【107A40】

17歳の男子.意識消失のため搬入された.昼食にうどんを食べた後,晴天の屋外で同級生とサッカーをした.運動開始30分後,前胸部のかゆみを訴えた.その後,意識を失い倒れた。膨疹、喘鳴、血圧低下を認めた。1ヶ月前にも同様のエピソードがあったという。

<予防>

特定の食品を摂食後2時間までの運動を避けることです。

臨床実習の傍ら、Webサービスを運営している医学生。将来の夢は学校をつくること。琴線を記録するサービス kotonohaを製作しました。(俺、この戦争が終わったらスタートアップするんだ...)
BUMP OF CHICKEN が大好き
bot作りました→といえばbot
botは知識の整理に超有用です。twitter開く度に復習出来ます。
その他111回受験生オススメbot→こちら
Test
気に入っていただけたらシェアお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ふろんてぃあ より:

    茶のしずく石鹸の事件でも問題になりましたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です