SIADHの鑑別疾患。低Na血症を理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

SIADHについて

SIADH

syndrome of inappropriate secretion of ADH

バソプレッシン分泌過剰症

SIADHでは低浸透圧血症(血漿浸透圧 < 280mOsm/kg)であるのに、ADHが不適切に分泌され続ける病態で、尿浸透圧(300mOsm/kg) > 血漿浸透圧(280mOsm/kg) となる。

  • 低ナトリウム血症(低浸透圧血症)
  • 尿浸透圧 > 血漿浸透圧
  • 浮腫、脱水を認めない
  • 血漿バソプレシンが測定可能
 などがSIADHの要点である。

"ADHが不適切に分泌され続ける"のには殆どの場合原因がある。つまり、原因となる基礎疾患や薬剤の使用歴が存在する。SIADHと他の低Na血症をきたす疾患と鑑別することだけでなく、SIADHの原因究明が重要になる。

このページでは

SIADHの低Na血症の鑑別疾患について

学ぶ。

SIADHでの低Na血症を理解する

低Na血症、ひいては浸透圧は

水とNaの量で考える

のがよい。一口に低Na血症といっても

  • 水↓ かつ Na↓↓↓ (水も減少するがNaの減りが著しい。全体の体液量は減少)
  • 水↑ かつ Na ↓(水が貯留した分Naが減って全体の体液量としては不変)
  • 水↑↑↑ かつ Na ↑ (水が貯留し、Naも貯留。全体の体液量増加)

などのバリエーションがあり、SIADHは水↑ かつ Na ↓の

全体の体液量としては不変タイプの低Na血症

である。

えさきち
だからこそ、体液量は不変 = 浮腫・脱水がないという知識も合わせて覚えよう。

<比で表す>

正常の状態を水:Na = 5:5 合わせて10を正常とすると、

SIADHの場合、

水:Na = 6 : 4

のように合わせて10は不変だが水が貯留している。

スポンサーリンク

鑑別すべきは浮腫・脱水のない低Na血症

なぜ脱水(-)、浮腫(-)の低Na血症になるかというとSIADHのポイントである

低Na血症にも関わらず、尿中Na排泄が低下しない

病態であるからだ。

本来ならば、低Na血症を補正しようと尿中Na排泄を落として体内にNaをとどめるべきだが、水が貯留により腎血流量(GFR↑)が増加しRAA系抑制され尿中Na排泄が落ちない。

このような浮腫・脱水のない低Na血症を呈する疾患として

  • 副腎皮質機能低下(グルココルチコイド欠乏)←水利尿不全による低Na血症
  • 甲状腺機能低下←腎における水の排泄障害とされる。浮腫性疾患に類似した低Na血症

がある。

治療の基本

SIADHの治療の基本は水制限である

病態が"水を再吸収しすぎてしまう"のを考えればよい。

ちなみに、SIADHの真逆の病態である尿崩症(ADH分泌低下or不応)の治療は

  • 5%ブドウ糖液(電解質を含まない純粋な水を補充する目的)
  • デスモプレシン(バソプレシンV2受容体刺激薬)
である。
臨床実習の傍ら、Webサービスを運営している医学生。将来の夢は学校をつくること。琴線を記録するサービス kotonohaを製作しました。(俺、この戦争が終わったらスタートアップするんだ...)
BUMP OF CHICKEN が大好き
bot作りました→といえばbot
botは知識の整理に超有用です。twitter開く度に復習出来ます。
その他111回受験生オススメbot→こちら
Test
気に入っていただけたらシェアお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です