「 Shunsuke Esaki 」一覧

『神経原性疾患は遠位筋障害』の原則の例外

『神経原性疾患は遠位筋障害』の原則の例外

医学を学ぶ上で、筋原性疾患は近位筋優位に障害され、神経原性疾患は遠位筋優位の障害であることが基礎事項です。 しかし、この原則『神経原性...

記事を読む

神経血管減圧術の適応

神経血管減圧術の適応

神経血管減圧術の適応には三叉神経痛、顔面けいれんがある。 三叉神経痛の多くは上小脳動脈が三叉神経を圧迫することで発症し、顔面けいれんは...

記事を読む

失行とは具体例と種類

失行とは具体例と種類

失行とは 失行(apraxia)とは、運動機能・知能・意識障害では説明つかず、実行しようとする意志があるにも関わらず、合目的な運動が出来な...

記事を読む

Dressler症候群について

Dressler症候群について

Dressler症候群は心筋梗塞後症候群ともいい、心筋梗塞後2〜8週間で発熱、胸痛をともない発症する自己免疫性の心膜炎。 血液に曝露さ...

記事を読む

マダニが媒介する感染症

マダニが媒介する感染症

マダニが媒介する感染症の代表的なものに以下のものがある。 マダニ刺咬例では、皮膚内に刺入された口下片(セメント用物質)が固着さ...

記事を読む

パーキンソン病とレビー小体型認知症は同じ疾患?レビー小体病とは

パーキンソン病とレビー小体型認知症は同じ疾患?レビー小体病とは

パーキンソン病(PD:Parkinson Disease)とレビー小体型認知症(DLB:Dementia with Lewy bodies)...

記事を読む

ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬の副作用について

ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬の副作用について

ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬の副作用には共通点があり、他の病態にも応用できることが多い。ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬の副作用につ...

記事を読む

内斜視の分類について

内斜視の分類について

内斜視には生後6か月以内に発症した先天性内斜視と生後6か月以降に発症した後天性内斜視がある。 先天性内斜視 生後6か月以内に発症した内斜...

記事を読む

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後因子の覚え方

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後因子の覚え方

【109A7】 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後因子でないのはどれか. a 年齢 b 病期 c 血清CRP d 節外病変数 ...

記事を読む

血清補体価低下の原因について

血清補体価低下の原因について

血清補体価の低下をきたす疾患 通常、補体は炎症では上昇しますが、免疫複合体を形成する病態や激しすぎる炎症では消耗性に補体価が低下し...

記事を読む

スポンサーリンク