「 感染症 」一覧

結核の診断方法について

結核の診断方法について

結核tuberculosisは2類感染症に分類され、空気感染をするため感染力が強い疾患です。 症候、Xp所見、喀痰塗抹検査(Ziehl...

記事を読む

結核のリスク因子

結核のリスク因子

結核 tuberculosisの発症のリスク因子として などがあります。 ここで結核の発症の形式をおさらいします。結核には初感染...

記事を読む

ニューモシスチス肺炎

ニューモシスチス肺炎

ニューモシスチス肺炎は免疫能の低下により引き起こされる日和見感染症の一つでPneumocystis jiroveci が原因です。 間質性...

記事を読む

KL-6

KL-6

Ⅱ型肺胞上皮細胞で特異的に産生される糖タンパクの一つで、肺傷害のバイオマーカーです(分子量 > 1,000kDa)。血清KL-6の上昇...

記事を読む

市中肺炎と院内肺炎の起炎菌

市中肺炎と院内肺炎の起炎菌

肺炎はどこで発症したかによって市中肺炎と院内肺炎にわけられます。 市中肺炎(CAP: community-acquired pneum...

記事を読む

非定型肺炎をきたすオウム病psittacosis

非定型肺炎をきたすオウム病psittacosis

オウム病 psittacosisはトリ(オウム、インコ等)の排泄物からヒトへ飛沫感染する人畜共通感染症のひとつで、ヒトでは非定型肺炎をきたし...

記事を読む

比較的徐脈とは

比較的徐脈とは

比較的徐脈とは、発熱はあるがその割に脈拍が少ないことを指します。 通常では、体温が1℃ 上昇すれば脈拍は10増加すると言われます。 ...

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の特徴

マイコプラズマ肺炎の特徴

マイコプラズマ肺炎は健康な若年者(5〜25歳)に多く認められ、激しく頑固な乾性咳嗽が続きます。発熱、胸痛を伴いますが、典型的な例では重篤感は...

記事を読む

【皮膚結核】バザン硬結性紅斑と尋常性狼瘡

【皮膚結核】バザン硬結性紅斑と尋常性狼瘡

皮膚結核は結核菌感染による皮膚病変の総称で、 などがあり、ここでは特に重要な(バザン)硬結性紅斑と尋常性狼瘡を紹介しま...

記事を読む

A群β溶血性連鎖球菌/溶連菌/ 化膿レンサ球菌

A群β溶血性連鎖球菌/溶連菌/ 化膿レンサ球菌

Streptococcus(連鎖球菌)の中でも、A群β溶血性連鎖球菌は など様々な疾患を引き起こします。 ...

記事を読む

スポンサーリンク