「 神経 」一覧

緊張病症候群(カタトニア)で見られる症状について

緊張病症候群(カタトニア)で見られる症状について

緊張病症候群って? 緊張病症候群(カタトニア)は緊張型統合失調症に代表的に見られる症状のこと。 統合失調症だけでない 緊張病症...

記事を読む

『神経原性疾患は遠位筋障害』の原則の例外

『神経原性疾患は遠位筋障害』の原則の例外

医学を学ぶ上で、筋原性疾患は近位筋優位に障害され、神経原性疾患は遠位筋優位の障害であることが基礎事項です。 しかし、この原則『神経原性...

記事を読む

神経血管減圧術の適応

神経血管減圧術の適応

神経血管減圧術の適応には三叉神経痛、顔面けいれんがある。 三叉神経痛の多くは上小脳動脈が三叉神経を圧迫することで発症し、顔面けいれんは...

記事を読む

失行とは具体例と種類

失行とは具体例と種類

失行とは 失行(apraxia)とは、運動機能・知能・意識障害では説明つかず、実行しようとする意志があるにも関わらず、合目的な運動が出来な...

記事を読む

パーキンソン病とレビー小体型認知症は同じ疾患?レビー小体病とは

パーキンソン病とレビー小体型認知症は同じ疾患?レビー小体病とは

パーキンソン病(PD:Parkinson Disease)とレビー小体型認知症(DLB:Dementia with Lewy bodies)...

記事を読む

カーテン徴候の機序とその見方

カーテン徴候の機序とその見方

カーテン徴候とは片側性の咽頭筋麻痺(迷走神経障害&舌咽神経障害)があると、発声時に咽頭壁が健側に引かれること。(咽頭があたかもカーテンのよう...

記事を読む

舌の神経支配をまとめよう!周辺知識と覚え方

舌の神経支配をまとめよう!周辺知識と覚え方

舌の神経支配 舌の神経支配は知覚と味覚は前2/3と後ろ1/3で別れていて…と良く下の表のようにまとめられています...↓ ...

記事を読む

舌下神経麻痺の挺舌(ていぜつ)ではなぜ患側に偏位するのか

舌下神経麻痺の挺舌(ていぜつ)ではなぜ患側に偏位するのか

舌下神経は第12脳神経です。舌下神経は純運動性神経です。 脳神経というものの、その実態は末梢神経であり、C5が上腕二頭筋に対応するよう...

記事を読む

GBSにはステロイド無効!覚え方はGBS(逆に バツ ステロイド)

GBSにはステロイド無効!覚え方はGBS(逆に バツ ステロイド)

症例問題で、病歴を読んで ははーん。ギランバレー症候群(GBS)と思ったのも束の間、 ギランバレー症候群は自己免疫性疾患...

記事を読む

脊髄後索障害だけじゃない!Romberg徴候の見方

脊髄後索障害だけじゃない!Romberg徴候の見方

Romberg徴候陽性とは深部感覚障害 Romberg徴候が陽性になる障害は3つ! Romberg徴候は脊髄後索の障害の有無を評価す...

記事を読む

スポンサーリンク