早朝空腹時血糖の原因かも。暁現象(Dawn現象)とソモジー効果(Somogyi効果)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

糖尿病の入院患者でインスリンを増量したにも関わらず早朝空腹時血糖の上昇が認められた。病院食以外に隠れて摂食している様子は無い。

早朝空腹時血糖が血糖が高くなる原因に下記のものがあります。

  • 暁現象(Dawn phenomenon)
  • ソモジー効果(Somogyi効果)

これらは主に1型糖尿病患者で問題なります。

暁現象について

暁現象(Dawn現象)は夜間午前3時頃にインスリン拮抗ホルモン(主にGH:成長ホルモン)が分泌されインスリン抵抗性が亢進し、早朝空腹時血糖FBGの上昇を認める現象です。

インスリン拮抗ホルモンの代表にはGCGCホルモンがあります。

  • G:glucagon グルカゴン
  • C:cortisol コルチゾール
  • G:growth hormone 成長ホルモン
  • C:Catecholamine カテコラミン

このうち成長ホルモンはグルコーゲン分解、糖新生のどちらにも働きインスリンに拮抗します。

くみちょう
その分インスリンが分泌されれば良いんじゃないの?

インスリン分泌能が落ちている1型糖尿病患者では対応しきれず、高血糖を来します。

つまり暁現象は夜間のインスリンの量が少ないがために早朝空腹時血糖が高くなってしまう現象です。

ソモジー効果について

ソモジー効果(Somogyi effect)は、インスリン治療にて夕方や就寝前のインスリン量が多いため、夜間(就寝中)低血糖を来し、反応性にインスリン拮抗ホルモンが分泌され早朝空腹時血糖が上昇します。

つまりソモジー効果は、夜間のインスリン量が多いがために低血糖リバウンドで早朝空腹時血糖が上昇するというものです。

2つの鑑別点

ここまでをまとめてみましょう。

暁現象 ソモジー効果
  • GHの分泌で血糖↑
  • 夜間のインスリンが少ない
  • 早朝空腹時血糖↑
  • 夜間のインスリンが多い
  • 低血糖になってしまう
  • リバウンドで拮抗ホルモン分泌↑
  • 早朝空腹時血糖↑

さてこの2つするにはどうすればよいでしょう?

ここで下記の図を見てください。

year note

year note

引用 year note2016 D-108より

午前3時の血糖に注目してください。

Dawn現象 ソモジー効果
午前3時の血糖 高い 低い

つまり午前3時頃の血糖値を測ればよいのです。

なぜ区別するのか

Dawn現象であれば、インスリンの量が足りていないということなので、インスリン量を増加する必要があります。

逆に、ソモジー効果ではインスリン量を減量する必要があります。

このように対応が真逆になるので早朝空腹時血糖が高いとき、不安定になるときは午前3時頃の血糖値を図ってみてDawn現象、ソモジー効果の区別をつけることが大切です。

 icon-check-square-o <参考>

インスリン拮抗ホルモンを4つ覚えよう!GCGCホルモン

臨床実習の傍ら、Webサービスを運営している医学生。将来の夢は学校をつくること。琴線を記録するサービス kotonohaを製作しました。(俺、この戦争が終わったらスタートアップするんだ...)
BUMP OF CHICKEN が大好き
bot作りました→といえばbot
botは知識の整理に超有用です。twitter開く度に復習出来ます。
その他111回受験生オススメbot→こちら
Test
気に入っていただけたらシェアお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です